医療映像コラム

注目コラム

介護施設での動画活用術!4つの違った使用方法を紹介

介護施設での動画活用術!4つの違った使用方法を紹介

介護施設では、最近特に動画が活用されることが増えてきているように思います。動画自体いろいろなところで活用されることが増えてきてはいますが、とりわけ介護施設における動画活用は活発です。
そんな介護施設における動画活用ですが、そのすべてで同じような使われ方をしているわけではありません。
実は大きく分けて、4つの使用方法があるんです。

介護施設の紹介動画で利用者にアピール

介護施設における動画の活用方法として、最もスタンダードといえるのがこの「施設紹介」というかたちでの動画活用

ご高齢者自身やそのご家族方が、介護施設を選ぶ際には、たとえば見学に行ったり資料請求をしたり、最終的には直接的にその施設とコンタクトを取った上で決定をすることが多いでしょう。でもそれはあくまでも最終的な段階の話。

まずそこに行くまでに、たくさんある介護施設の中から、最終選考に残るところと「ここは違うかな」と切り捨てるところに分けることになります。最終選考の前に切り捨てられていたら、当然利用者は増えません。施設としてはそれでは困りますよね。なので、切り捨てられないように、資料請求や見学の前の段階で、しっかりとアピールする方法が必要なのです。

そこで役立つのが介護施設の紹介動画になります。

介護施設の紹介動画でも、最近では一流ホテルのアピール動画のようなものも増えてきています。

たとえばドローンで空撮をしたり、あるいはドローン独特の動きでゆったりと施設内を飛び回り撮影したり。そこまではいかなくても、ボケ感のあるカメラを活用してスタイリッシュな雰囲気を醸し出してみたり。

もちろんそうした高級感のある雰囲気でアピールするのではなく、あえて居心地の良さをアピールするような、利用者へのインタビュー・職員へのインタビュー動画をメインとした構成もアリでしょう。

介護施設を選ぶうえでは「どこで過ごすか」ということだけではなく「誰と過ごすか」ということも重要になります。だから、「誰と過ごすか」ということをわかりやすく動画で示してあげるのもアリなのです。

それで居心地がよさそうだと思ってもらえれば、第一関門は突破できるようになるでしょう。

介護施設では教育動画への活用も見られる

「介護」は、今の時代に間違いなく必要な仕事ですし、社会への貢献度が極めて高い仕事であるにも関わらず、介護業界の人手不足はなかなか改善されてはいきません。各介護施設においても、人材が足りないと感じているところは多いのではないでしょうか?

人材がいないとなると、やはり新しく入ってきた介護士の育成に時間を割いている余裕もなくなってしまいます。でも育成が出来ないと当然仕事もうまくできないので、新しい介護士は自信を無くして離職してしまう…。そんな負のサイクルに悩まされているところも少なくはないでしょう。

そんなサイクルを改善するための一つの手段として、介護人材向けの教育動画の作成があります。

これはいうなれば教習所の教習動画のようなもので、「こんな時にはこんな風に動く」ということを、動画の中で体を使って説明してあげるのです。

もちろんそれだけですべてを理解することは難しいでしょうが、それでも口で説明したり、紙資料で説明するよりははるかにわかりやすく、イメージもわきやすいです。

教える方も動画を見せて、見終わるころに顔を出して質問を受けたり、実際に動いて見せたりするだけなので、時間をはるかに有意義に使うことが出来ます。

人材不足の介護業界だからこそ、こうした使い方が有意義なものになりますし、こうした使い方をするところも増えているんです。

介護施設でもリクルート動画の活用は多い

人を集めないといけないのは、介護施設のみならずどこの施設、お店でも同じですが、介護施設の場合は「人を集める」という言葉が二つの意味を持ちますよね。

一つは他の施設やお店と同じように、お客さんを集めること。

介護施設の場合にはそれだけではなくもう一つ、職員も集めないといけません。

ただでさえ志す人が少なくなってきてしまっている中で、自分たちの介護施設に職員を集めるためには、やはりそこが魅力的であるということを、他の介護施設よりも積極的にアピールしないとなりません。

そのために活用されているのがリクルート動画なのです。

いわゆるリクルート動画は、何も介護施設だけではなく、一般企業などでも積極的に作成されています。

内容としてはたとえばスタッフへのインタビューだったり、あるいはインフォグラフィックを織り交ぜた施設の説明だったり、利用者に対しての動画と同じような施設紹介動画を作成して、他の施設にはないシステムや特徴をアピールするということが考えられます。

あるいは、ある一人のスタッフさんの1日に密着して、某NHKドキュメンタリーや某○○大陸のように仕上げて、この施設で働く人はどんな人なのか、どんな風な働き方をしているのかということをアピールするというのも面白いでしょう。

いずれにしても、利用者だけではなく、働く人を集める上でも動画を活用するのはすごく有効です。

動画であれば言葉だけでは賄いきれない、たくさんの情報を与えることが出来ますから。

介護施設利用者の家族向け動画という活用方法もある

介護施設で活用される動画には、ちょっと変わったところで利用者の家族向けの動画というものもあります。

利用者の家族向け動画とは、介護施設に入っている利用者の動画を撮影し、それにテロップをつけたりして、利用者向けに提供するというもの。

利用者の家族は、基本的には利用者が施設内でどんな生活をしているのかということを知るのは難しいですよね。でも、動画を撮影してそれを送ってあげれば、それを知ることが出来ます。

介護施設に家族を入居させる際、家族にはいろいろな感情があるでしょう。心配だったり、中には申し訳なさを感じている方もいるかもしれません。

心配する気持ちは動画を見せることによって和らぎますし、申し訳ないという気持ちも、施設内で職員とその利用者の方が仲良く過ごしている様子を確認できれば、多少は和らぐはずです。

そうした心配する気持ちや申し訳なさをなくすことは、言葉で施設内での様子を伝えることでも可能だと思う人もいるかもしれません。ただ言葉で伝えるだけだと、その言葉が本当かどうかはわからないですよね。だから完全には安心できません。

でも動画内ではそうそう嘘はつけないものなのです。

たとえばまずない話でしょうが、普段その利用者さんに対して何らかの悪態をついている職員がいたら、動画内でも利用者さんがその職員と接する時には変な空気・表情になるでしょう。

逆に言えば良い表情で楽しそうに過ごしていることが確認できれば、良い関係性が築けていることが分かります。より情報の密度が濃く、より安心させることが出来るのが、動画なのです。

介護施設と動画はすごく相性が良い

ここまで介護施設における動画の4つの活用方法を見てきましたが、こうした活用方法の多さからもわかる通り、介護施設と動画というものはすこぶる相性が良いです。

人材不足時にも動画は役立ちますし、競合との差別化にも役立ちますし、介護士志望の人ないしは利用者の家族の人の心配・不安をなくすためにも役立ちますし、非常に活かせるシーンは多いのです。

もはや情報を文字媒体ではなく動画で得るというのはスタンダードになっている時代ですから、介護施設でまだ動画を活用したことがないというところがあれば、一度動画活用を考えてみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る