介護事業者様へ

「介護」+「映像」で日本の高齢化社会を支える

高齢化の進む現代の日本において、今や一般常識となりつつあるのが
介護を必要とする方の増加です。そんな被介護者とそのご家族の
大きな支えとなる介護事業者様に、私たちは「映像」というツールで
貢献したいと考えています。
深刻な人手不足をはじめ、
介護事業者様が抱える様々な問題を少しでも解決できるよう尽力させていただきます。

介護事業者様へ 活用をご紹介

避けられない深刻な人材不足

避けられない深刻な人材不足

2015年6月に厚生労働省が公表した需給推計によると、
2025年度には介護職員が約253万人必要になります。
それに対し、確保できる人員の見込みは約215万人。
この数字のギャップからも、近い将来ますます
人材不足が深刻化することがわかります。

映像で人材不足の影響を最小限に

映像で人材不足の影響を最小限に

新しいスタッフが入ってきても、
現場レベルで十分に教える時間がとれないという現実。
教育不足が原因で予期せぬ失敗やトラブルを起こすことは
避けたいところです。
このような「教えたいのに時間がない」という
ジレンマの解消には、マニュアル映像の制作が有効です。
特に介護は身体を使う仕事なので、
文面や口頭だけで正しく理解させるのは難しいでしょう。
その点映像であれば、どこをどう動かすのか、
身体の使い方がはっきりとわかります。
その場で映像を見ながら実践したり、繰り返し観て学んだり
できるのも大きなメリットです。

被介護者の ご家族が抱く「不安」を軽減

被介護者の ご家族が抱く「不安」を軽減

「親を介護施設に預ける」「介護スタッフに来てもらう」、
どちらのケースを選んだとしても、
ご家族は常に不安と隣り合わせの状態にあります。
ニュースなどのメディアを通じて、介護スタッフによる
問題行動などの情報が入ってくる今の時代、
ご家族は被介護者への不安だけでなく、
介護事業者様への不安も抱えているのです。

映像で不安から信頼を勝ち取る

映像で不安から信頼を勝ち取る

近年、介護施設業界で注目されているのが「ライブ配信サービス」です。
ご入居者様が集会する場所やお部屋の周辺に配置することで、
ご家族がご入居者様の「今」を生の映像で確認できる“安心”を提供する
サービスです。

また、ご入居者様のビデオメッセージを定期的に撮影し、ご家族に送ることも一つの安心材料になります。もう一つのメリットとしてはご本人がその動画を見直し、自分の楽しんでいる姿を見ることで、心の健康にも影響が出る
考えられます。ネガティブになりがちな方も映像によって
元気な心を取り戻すことができるのです。

うつ病などのカウンセリングにも一役

うつ病などのカウンセリングにも一役

心の調子が原因で介護が必要になることもあります。
そういった方々に、自由に生活をしていただくためにも映像が活用できます。

映像が与える「理解」と「喜び」

映像が与える「理解」と「喜び」

自尊心を取り戻し、コミュニケーションが生まれる


人が前向きな気持ちになるには「自尊心を取り戻す」ことが鍵になると考えられます。
医療映像.jp ではご自身の写真や文章(音声)を使った
プロモーション映像を制作することができます。
例えば、あるご入居者様の映像制作を行い、
介護施設のイベントとして、皆様の前で公開する。
するとご自身も過去の楽しかった記憶を振り返ることが
でき、周りのご入居者様からも声がかかるなど、
そこからコミュニケーションが生まれるでしょう。

また、心に問題を抱えた方は、
自身の問題に向き合えなかったり、
周りの人の言葉を聞き入れられなかったりすることも。
そんな場合には、数々の悩みと、それをどう解決したか
まとめた映像をカウンセリングの一環として使用するケースが増えてきています。
映像を見てまもなくは第三者のことだと捉えますが、
徐々に共感を持って自分のことに置き換え始めるため、
内容へ親近感を抱いてもらえるのが特徴です。
今後はよりリアルな体験ができるVRによる手法も
取り入れられていくでしょう。

映像の2次利用

映像の2次利用

制作した映像は、ダウンロード販売を行うなど2次利用にご活用いただけます。動画のオンラインショップなどのサポートもしていますのでお気軽にご相談ください!